読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

小説を原書で読みたい

小説を原書で読みたい

赤毛のアンを英語で読んだ

赤毛のアン」を英語で読んだ。それも何回も読んだのです。
赤毛のアン」は昔から知っていたし、
カナダへのツアーの企画もやったことがあるので少しだが
内容は理解していた。

NHKの朝ドラで赤毛のアンを翻訳した人が主人公になっていたので
すぐに本を購入し読み続けた。

その本にはCDもついたいたので、
聞きながらシャドーイングも行った。

赤毛のアンの喋る英語は何処かイギリスを思いださせる。
はっきりと発音するので、耳にも心地が良い。

私が初めて行った海外がイギリスだった。
そのイギリスで英語を4週間勉強したのです。
だから、イギリス英語のあの音楽みたいな発音がすごく好きなのです。
ちなみにアメリカ英語が嫌いというわけではない。

赤毛のアン」に続いて「Proof of Heaven」を読もうと思っている。

小説を原書で読みたい

小説を原書で読みたい
小説を原書で読みたいと思ったのは、NHKの朝ドラ。
赤毛のアン
赤毛のアンで検索していくと、いいのがあった。
それは、CD付きで、英語、日本語。
CDを聞くと、きれいな英語で心地がいい。

何回も何回も聞いて、何回も何回も音読してと。
でも、年齢も年齢なので、覚えることがなかなかできない。

英語の勉強方法として、「シャドーイング」がある。
それには、もってこいのお教材だと思う。

シャドーイングは、聞きながら何も見ないでそのまま発音していく。

私はラジオのビジネス英語の実践編でシャドーイングをやり続けています。
最初はついていくのが精いっぱいだったのが、今では、ついていけるようになった。

英会話独学の教材でオススメは


ついていけるようになると、文章全体がみえるようになる。

そうなると、理解できるようになる。